快適な暮らしをする為には必要なこと~便利な状況を作る~

美しい住宅を最適に利用

リノベーション

リノベーションの費用対効果を考える必要性

賃貸経営をしていく上で最も大きな難関になるのは空室対策です。新築や築浅のうちはそれだけで価値が高まるために入居者が多くても、年々と物件が古くなるにつれてそれ自体で人気が低下してしまう傾向があります。そのため、なんとかして入居者を募る方法を考えなければ赤字経営になっていってしまうのです。 空室対策の方法として近年のトレンドはリノベーションです。マンション自体はそのままに設備や部屋の一部を作り替えることによって機能性を高めたりすることで付加価値を与えるアプローチです。これを行う際に気をつけなければならないのは、マンションの本体が十分な強度を保っていなければ行えないリノベーションも多く、補強工事が必要となる場合があるということです。建て替えよりは安上がりのことが多いとはいえ、あまりにも老朽化が進んでいる場合にはリノベーションの費用対効果を再考する必要がある可能性もあるのです。

需要にあった設備投資が大切

リノベーションによって設備等を改善することによる集客効果は一般的には高いものと考えて問題ありません。もともと新築や築浅の頃にそれなりの人気があったということであれば、立地条件の上では問題がない場所に位置していると考えられます。そのため、物件自体の価値が上がれば入居者が現れてくる可能性が高いからです。 リノベーションによって物件の価値を極力高めるためには、その時々のトレンドについて情報収集することが大切です。借り手がどんな設備に着目して借りるか借りないかを決めているのかという点を理解して、その需要にあったリノベーションを行うのが適切な空室対策になります。それが実現されることによって再び満員御礼の状況が望めるようになるでしょう。

Copyright© 2015 快適な暮らしをする為には必要なこと~便利な状況を作る~All Rights Reserved.