快適な暮らしをする為には必要なこと~便利な状況を作る~

美しい住宅を最適に利用

リフォームをする

失敗例を知っておく事が大切です

トイレは、人間が生活していく上で重要な施設であるのは、皆さんも御存知だと思います。そんな、重要な施設であるトイレをリフォームして、より使いやすく快適にしようと思うのは、ごく普通の事です。しかし、トイレをリフォームする際には、注意も必要です。後に、失敗したと思わない為にも、事前に失敗したケースを知っておく事が大切です。 まずは、トイレ室内の床ですね。床をオシャレなフローリングにリフォームしたいと、思われる方も少なくないと思います。しかし、その床材に耐水性と耐アンモニア性が無いと、後に黒いシミとなり、汚らしく見えてしまうのです。トイレは、アンモニアの他にトイレ用洗剤等が飛び散りやすいので、床材は、それに耐えうる物を使用するようにしましょう。 次に、便座の大きさです。部屋が狭いのに便座を大きな物にしてしまうと、非常に窮屈な空間になってしまいます。部屋の大きさに合わせて便座を選ぶようにしましょう。 この他にも、注意する点がありますが、代表的な失敗例を二つ挙げてみました。いずれにしても、トイレをリフォームする際には、事前に失敗例を調べておく事が重要です。

使用する状況を想定する

トイレをリフォームする際に、工夫したい点を挙げていきます。 1点目は、収納に関してです。用を足している際に、トイレットペーパーが無い事に気づいたとします。収納棚が、上の方にあったら、立ちあがって取らなくてはいけませんよね。立ち上がる手間を考えますと、座った状態でも届く位置に収納スペースを持っていくと良いでしょう。しかし、床に近すぎると、衛生的に良くない感じにもなりますので、床に近すぎず、高すぎずの場所に設置するようにしましょう。また、収納スペースに、蓋やカバーなどを付けると衛生的にも良いと思いますので、お勧めです。 次に、手すりを設置する事です。年配の方が居ないから付けなくてもと思われる方もいらっしゃると思いますが、安全の為に、手すりは設置しておいた方が間違いありません。用を足す以外にも、清掃等で無理な体勢をする場合がありますので、そのような時に、手すりは非常に助かる存在なのです。万が一、腰痛を患わせた場合にも役立ちますしね。 このように、トイレをリフォームする際には、トイレを使用する状況を想定して、リフォームする事が大切です。

Copyright© 2015 快適な暮らしをする為には必要なこと~便利な状況を作る~All Rights Reserved.